お金を借りる方法100選!目的別の賢い借り方
> 目的に合わせて賢くお金を借りる

お金借りる前に使い道を決めよう!目的に合わせた賢い借り入れ

カードローンを利用する人は、お金が無いから利用するのだということは当たり前の話です。では、実際にカードローン利用者が借り入れをするとき、どのような状態になっているケースが多いのかを解説していきます。

何が原因で金欠状態になったのか、その時に本当に借金するのが適切な行動かを正しく理解しておくとともに、お金が足りなくなったら何でもかんでもカードローンに頼るのではなく、適切な借り方を使い分けられるようにしましょう。

借金の妥当性とカードローンの相性とは?

お金が必要になる理由は千差万別です。何かを買いたいときにお金が足りない人、特定の行動のための費用が無い人、怪我や病気といった医療にかかわる費用が必要な人など、どれもこれも本人にとってはどうしても必要な理由があることでしょう。

誰しも望んで借金などしたくないと思いますが、それでもやむにやまれず、借金をせざるを得ない状況に置かれることは、儘あります。

こうした中でも、カードローンなどの金利の高い借金をした方が良いケースとは、その必要なお金が「至急用意する必要があり」、かつ「自分の生活または人生において欠かせないもの」という場合のみだと考えられます。

カードローンは、短期借入で短期返済という運用が相性が良い方法とされています。例えば、欲しいものがあるけど別にすぐほしいわけじゃなくて貯金していけばいずれ買えるものに対して、慌ててカードローンを利用する必要はそれほどないですし、自由に使える貯蓄が十分にあるのに、わざわざ金利の負担があるカードローンを選択する意味はないのです。

カードローンだけでなく他の借り方も考えよう

「借り入れ=カードローン」だと考えている人もいるかもしれませんが、借り入れにはそれ以外にもいくつも方法があります。

先述したように、カードローンと相性が良いものは基本的に短期間で返済が出来る類の目的に限定されます。

必要な金額が大きく、返済が長期にわたるような目的の借金(医療費や100万円を超えるような高額の買い物)は、カードローンで賄うのに適していません。

こうした用途では、それに合わせている他のローン商品がいくつもあります。カードローンを契約していると便利であるため、どの場合でもカードローンを利用したくなってしまいますが、横着せずに、きちんと目的別にローンや借り入れプランを使い分けるように心がけましょう。

銀行や消費者金融では、幅広い融資プランを提供している企業もあります。今回必ず知っておいてもらいたいのは、何でもかんでもカードローンで解決しようとするのではなく、カードローンが適切だという目的にのみ利用するように心がけるべきだということです。

何のためにお金を借りるのかをもう一度整理しよう!

カードローンを利用する前に、何のために借金をするのかを再度確認する癖をつけましょう。「お金が足りないから借金しよう!」と直情的に考えることは、非常に危険です。この考えが身に沁みつけば、金銭感覚がマヒしてしまい、足りなくなっても借金すればいいと考えるようになってしまいます。

「そんな馬鹿な考えは抱かないだろう」と思っているでしょう。しかし、金銭感覚のマヒは、そういった人ほど起こりやすいと言われています。それを避けるためにも、面倒くさいかもしれませんが、借り入れをする前にもう一度、借金の目的を見直す習慣をつけておくことが重要なのです。

考え直してみたら、それほど必要なものでなかったり、カードローンを利用するまでもないと思えるような出費であったりすることも珍しくありません。借りてはいけないわけではありませんが、不用意な借金は、本人にとっても損な選択にしかならないのです

お金が必要な時は、心理的に焦っていることが多く、正常な判断を下せないこともありますので、慌てる前に一旦落ち着いて、本当に借金する価値があるかどうかを考えましょう。

カードローンが利用されやすい資金用途の例を紹介!

カードローンを利用する人は、ある程度お金が必要な理由がパターン化されています。ここでは、その大まかな傾向と、どういった人がカードローンを利用しているのかを紹介していきましょう。

カードローンを利用する人で一番多いのが、何かを買うために資金の補助に使うケースです。例えば、期間限定のブランド品が欲しいけど、手持ちが足りないし、貯金しようとしても、その頃には買えなくなっているというケースです。他にも、給料日前でお金が足りない人の利用者、急な冠婚葬祭で資金が用意できない人などが、かなりの割合を占めます。

通常、カードローンを利用するなら貯蓄を切り崩した方が金利がかからない分、得になります。しかし、外出先で急にお金が必要になった場合など、銀行の通帳もキャッシュカードも持っていないというケースも多く、そうした場合にすぐに資金を引き出せるカードローンの方を優先しやすいのです。

借り入れしてすぐに返済すれば、金利もほとんどかからないので、カードローンの最大の強みは、こうした緊急回避的な役割が大きいともいえるでしょう。

緊急性の高い資金用途であれば迷わず借り入れしよう!

緊急性の高い借り入れという目的でカードローンを利用する人もいます。これもカードローンの適切な使い方です。例えば、家賃の滞納や自動車の車検の費用など、指定された期日までに資金を用意しなくてはいけないケースがあります。

また、クレジットカードを持っている人は、引き落とし口座にある程度余裕がないと、残高がマイナスになる危険性があります。そうなれば、カード会社からの信頼が落ちてしまい、場合によっては解約のリスクも高まります。

長期ローンでも同じようなことが言えます。住宅ローンや自動車ローンといった長期ローンでは、毎月の支払いが滞るのは滞納トラブルに直結します。借りたお金を返済に回す行為は褒められたものではありませんが、返済が遅れた際のデメリットが大きいものに関しては、自転車操業のようになってもいいので、必ず返済を遅らせないようにしましょう。

これらは、その期日までに資金を用意できないと多大なデメリットを被ることになるため、迅速に現金を調達することが出来るカードローンの重要性が高くなります。

カードローンをあらかじめ1枚でも持っているのと、このような事態になってから借り入れを申し込むのでは、事態に対する柔軟性が大きく異なります。

普段滅多に借りないような人でも、いざというときにまとまった現金を確保できる手段を持っておくことは、トラブルに対して強い対応力を持つことにつながるのです。

そういった意味でも、カードローンを契約するメリットは十分にあると考えられます。何かを買う資金補填のためにカードローンを契約するだけが使い方ではないのです。

緊急性が低くても優先すべきカードローンの借り入れとは

緊急性が高い借り入れは、延滞によるデメリットが大きいものでした。緊急性が低い借り入れとは、言ってみれば、必要不可欠ではないが期間が決められている資金調達のことです。

その最たる例が、先にも出てきた期間限定に関してのものです。本来、安定した収入がある場合、カードローンは不要なものとなります。欲しいものがあれば貯蓄して購入すればいいからです。

にもかかわらずカードローンの重要性が叫ばれるのは、今すぐに買わないと手に入らないものだったり、効果が無いものだったりと貯蓄している余裕がないような商品やサービスが多々あり、貯蓄では対応できないケースがあるためです。

つまり、カードローンを利用すべきポイントとは、「現時点で資金を用意できず資金を積み立てる時間的余裕がない場合」に限られているのです。

畢竟、カードローンを利用した方が良いというケースはこれだけであり、それ以外の場合は、貯蓄で十分対処できる問題が大半であるのです。

こんな借り方は危険!適切でないカードローン利用目的

カードローンの利用妥当性を目的別の利用法で考えた時、避けるべき使用目的というものも存在します。

カードローンに限らず、全ての借り入れで避けるべき利用目的は「ギャンブル」と「生活費(半分以上を負担するケース)」です。借金をしてギャンブルをするのは特に危険な行為で、歯止めが利かなくなり多重債務になるケースが非常に多いです。身近な人がこれに該当した場合は可能な限りやめさせましょう。生活費の大部分を借金に頼るのも危険です。

生活費は基本的に自分の給料で賄えるようにするのが基本です。毎月の生活費を借金に頼ると、結果的に毎月借金が膨らむうえに、期間が長引くほど返済の目処が立たなくなります。

カードローンを利用する場合は、短期間で返済できる予定が立てられる場合のみ利用すべきものであり、毎月一定額を新たに借り続けるような使い道は、相性が良くないということを知っておきましょう。

カードローンを正しい目的で利用することが出来るかどうかは、その時点で自分に自由に使えるお金がどのくらいあり、足りない場合に借金したとして、それを無理なく返済するにはどのくらいかかるかを事前に予想できるかで判断することも必要です。

単にお金が足りないというだけでは、カードローンを使うべきではありません。それが本当に必要なものであり、今すぐ資金を用意しなくてはいけないものであり、返済できると判断して、初めてカードローンを利用するという選択につながるのです。

学費が足りない…教育ローンや奨学金、時にはカードローンも上手に活用!

お子さんを持つ保護者のみなさん毎日お疲れ様です。お子さんが生まれてから、教育費を積み立ててきた人は多いと思います。 授業料や、部活の活動費、塾に通うお子さんもいて、成長が楽しみな反面、お金の面では負担になることが...

続きを読む

お小遣いが足りない…そんな時に是非試してほしい3つの方法

月末や年末の出費がかさんでしまう時期や、冠婚葬祭が続いた時、またはどうしても手に入れたいものがある時、「お小遣いが足りない!お金ほしい〜」 …と、叫びたくなる時ってありますよね。そんな時、どうやってお小遣いを手に...

続きを読む

教育資金が足りない時のために、教育に特化したローンのご紹介

子供を育てるためには教育資金は不可欠ですが、その総費用はいくらかご存知でしょうか。 幼稚園や小学校をすべて公立で大学も国立に進んだ場合でも、だいたい一人当たり1300万円ほどかかると言われています。 その他、食...

続きを読む

生活費が足りないなら、家計を見直して現状打破

「生活費が足りない」「どうしたら家計が楽になるの?」「対策の仕方がわからない」そうやってお困りですか? お金のやりくりはいろいろと大変でしょう。収入は中々増えないけれど出費は減っていく。けれど、やり方は必ずあるは...

続きを読む

お金がない!家に車…。修繕費の上手な調達法を知りたい!

住居は長く住んでいると、必ずどこか傷んできます。痛みが大きくならないうちに修理したほうがいいのはわかっていても、修繕費が意外と高くて二の足を踏んでしまうこともあります。また、地震や洪水に遭ったら金額はさらに大きくな...

続きを読む

事業も家計も資金繰りが厳しい!お金が足りないときはどう対処する?

急な出費で給料日までの生活費が足りない!こんなことは誰にでもあります。仕事でも、売り上げ金が入ってくるまでのやりくりに頭を悩ませる中小企業の経営者や個人事業者は多いようです。 大手企業なら銀行で借りることもできま...

続きを読む

起業したい!事業資金はどこから調達したらいい?

インターネットの発達で、個人でも企業しやすい環境が整ってきました。しかし、いざ起業しても思ったより事業資金が多く必要で、あわてる人も多いようです。急いでお金を用意しないと経営が立ち行かない!ということも考えられます...

続きを読む

お金がない!そんな時のデートはどうするべきなのか

カップルであっても、どちらかにでもお金がないということで、デートができそうにないというケースもあるでしょう。そんな時には、諦めてしまう方もいるかもしれませんが、お金をかけなくても一緒の時間を愉しめるデート方法はあり...

続きを読む

老後にお金がない!老後の生活資金対策などについて考えておこう

退職後の老後は、年金以外の収入が主な収入源となると考えられます。しかし、退職までに十分な貯えがない場合などお金がないという状態になってしまっては、生活ができなくなるのではないかと不安になるかもしれません。 そこで...

続きを読む

口座がマイナス!残高不足でクレジットカードの引き落とし不可の場合

クレジットカードを利用されている方も多いかと思います。便利ですし気軽に使えるのが利点かもしれませんが、ポンポンとカードで買い物などをしていれば、いつのまにか引き落とし用の口座が空っぽという状態になってしまう可能性も...

続きを読む
123
トピックス
ページトップへ