お金を借りる方法100選!目的別の賢い借り方
> > 教育ローンの審査時間は?申し込み時期でローン成立までの時間は変わる!

教育ローンの審査時間は?申し込み時期でローン成立までの時間は変わる!

子供の進学にはどうしてもお金がかかります。特に私立に通わせるとなると、効率に比べて高額な授業料がかかり、家計に負担が増すのは否めません。

そんなときに役に立つのが、第三者からの借り入れです。奨学金、教育一般貸し付けと並び、子供の学費などを補助するのに一役買うのが教育ローンです。

今回は、教育ローンを賢く利用するために知っておきたいことを解説していきます。いつ申し込むのが良いのか、どんなものが教育ローンで賄えるのか、金利や返済期間はどうなのかといったことを知っていきましょう。

教育ローンってそもそもどんなローンなの?

教育ローンは、学校に通う過程で発生するであろう費用を対象に、通常の借り入れよりも低金利で銀行や消費者金融からお金を借りることが出来る制度です。

その名の通り、教育資金にしか使うことが出来ません。当然ですが、子供がいない家庭では教育ローン自体を契約することが出来ません。また、教育ローンで借りたお金を対象目的以外に使用することも禁止されています。

「借りてしまえば何に使ったかわからないじゃないか」と思う人もいるかもしれませんが、教育ローンでは、必ず使途を明記した書類の提出が求められます。

教育ローンが奨学金と異なるのは、入学前であっても借り入れをすることが出来るという点です。

奨学金は、入学してから受け取るため、当初に必要になる各種費用(定期券・制服・入学金・授業料など)を負担できないという欠点がありますが、教育ローンはそういった入学する前に発生する費用に対しても対応が効くというメリットがあります。

教育ローンが利用できる範囲の対象ってどこまで?

教育ローンと聞くと、授業料にしか使えないといったイメージがありますが、実はこのローンの適用範囲は非常に広く、予想外の物にも使うことが出来ます。

授業料や教材費用に使えるのはもちろん、先述した通学のための交通費、制服などの諸費用や留学費用にも使うことが出来ます。さらに、学校に通うために引っ越しをしたときに引っ越し費用や家賃にも適用することが出来ます。極めつけは、学校とは関係ない塾や予備校といった費用にも使うことが出来ます。

教育という名目であれば、子供を学校に通わせる過程で発生するほとんどの費用を教育ローンで借りることが出来ると考えてもいいほど、このローンの使える範囲は広いのです。

ですが、これは教育のカテゴリから外れるとその一切が借り入れ対象外になります。例えば、通学の引っ越し先での家財道具の購入費用は対象外になりますし、子供の遊行費にも使えません。当然、交際費用や通学中の食費などにも使うことは出来ません。

あくまで、学校生活にどうしても必要になる範囲で、という制限が付くのです。

時期によって教育ローンの審査に掛かる時間が違うのは何故?

さて、教育ローンは申し込みをする時期によって、審査に掛かる時間がかなり異なります。空いている時期であれば、申し込みから1週間ほどで審査が終わりますが、混んでいる時期だと、2週間から3週間ほど審査で時間を取られてしまいます。

審査が長引けばその分、必要なものを揃えるために待たなくてはいけなくなりますし、時間的な余裕もなくなります。勘のいい人であれば、いつ頃が混む時期なのか、ある程度想像できるのではないでしょうか。

教育ローンの申し込みが最も混み合うのは、所謂受験シーズンと言われる12月から翌2月までの期間です。

この間にどの学校に進学するかが決まり、必要な費用が現実性を帯びてくるため、それに伴って教育ローンを組みやすくなるためでしょう。この期間の教育ローンの申込数は、他の月の5倍から10倍にもなると言われています。

当然それ相応に審査に時間がかかるため、この期間に申し込む場合は、時間に余裕を持って利用することを推奨します。

申し込みを避けたい時期とその理由とは

教育ローンに申し込むのを避けたい時期としては、やはり入学直前です。教育ローンは融資の金額が大きい性質上、審査に時間を取られるうえ、混み合っていると予想以上に時間がかかります。

それだけならいいのですが、問題は、審査に弾かれたときに次善策を講じる余裕がなくなってしまうことにあります。

初回の授業料の振り込み期限は、入学してから比較的早い時期にやってきます。教育費用で一番お金がかかるのが授業料なので、この支払期限までにお金を借りられていないと、トラブルになる可能性が非常に高くなるのです。

入学してから申し込むのでは、時間的にぎりぎりになってしまうため、理想を言えば、志望校を決めた時期にある程度の費用を見積もっておき、本格的な受験シーズンに入る前の10月前後に教育ローンに申し込むのが望ましいのです。

教育ローンで審査に落ちた時に別の教育ローンに乗り換えられる?

教育ローンは銀行などが取り扱っている金融商品です。当然、銀行も返済してくれそうな相手にしか融資を認めません。

「教育ローンに申し込んだけど審査で落とされてしまった場合、別の教育ローンに申し込むのは得策なのか?」という疑問もよく聞かれます。

結論から言えば、教育ローンの審査に落ちた場合、フリーローンやカードローンなどのほかの借り方に切り替えた方が確実であるのは事実です。教育ローンの審査に落ちるということは、返済能力の面で問題があると判断されるケースがほとんどなので、銀行を変えて別の教育ローンに申し込んだとしても、大抵再び落とされることになります。

教育ローンは、目的が限定されている要因を差し引いても、他の借り入れに比べて金利が低い分、カードローンやフリーローンよりも返済能力の要求が高いローンです。

別の教育ローンに乗り換えるよりも、確実に資金を調達できる別の手段に頼った方が安定するということです。

教育ローンを申し込むときに審査で重要視されるのは何か

教育ローンの性質は、どちらかと言うと長期ローンに近い扱いになります。そのため、住宅ローンのように利用者が長期にわたって返済することを前提に組まれている商品とも言えます。

審査で最も重要視されるのは返済能力の安定性であり、収入の額よりも収入が突然なくなるリスクの低い相手を融資対象として優先する傾向があります。

では、どうやってこうした相手を選別しているのかと言うと、具体的には就業形態と勤続年数によって判断しています。

簡単に言えば、一番信頼があるのは大手企業の正規従業員で、以降、中堅、中小の正社員の順番で、その次の大手の非正規社員、中堅、中小と続き、最も信頼性が低いのが自営業者となります。

自営業者は教育ローンを組めないのかと言うとそうではなく、勤続年数がこれに加点されます。一番評価が良いのは15年以上同一職場での勤務実績、以降は勤続年数が長いほど有利になります。

ここで重要なのは、「同一職場」という言葉です。例えば、20年働いていたとしても、転職ばかりしていては意味がありません。直近の勤務歴が審査に影響するので、信用度が下がってしまいます。

自営業者の場合は、長期間その事業で利益をあげていると証明できれば、教育ローンを契約することが出来ます。逆に言えば、その条件を満たせないと、自営業者は非常に厳しい審査になるでしょう。

教育ローンで審査に時間を掛けたくないという場合に取れる手段

教育ローンに申し込むのが遅れてしまい、審査に時間をかけている余裕がなくなってしまったというケースもやはりよくあります。時間はないけど資金は必要となると、取れる手段は限られてきます。

教育ローンの代用として機能しやすいのはフリーローンを利用することです。最初から必要になる金額が分かっている場合、フリーローンと相性が良く、金利面でもそれほど損をしない選択と言えます。カードローンは確かに便利なのですが、教育ローンほどの費用を一回で借りようとすると、金利負担のほかにも、限度額がそこまで高くしてもらえないという問題も発生します。

他には、国の教育一般貸付という制度を利用してみるのもいいのではないかという意見もありますが、これは順序が逆です。教育一般貸し付けは銀行の教育ローン以上に審査が厳しく時間もかかる制度です。

教育ローンに時間を取れないほど切迫しているときに、それ以上時間がかかる別の制度を使うことは出来ないでしょう。

支払い期限などに追い詰められた状態で最後の手段として使えるのは、審査にほとんど時間を掛けなくて済む消費者金融のカードローンを利用することです。

ただし金利も高くそれほど多くの額を借りることは出来ないというデメリットもあるので、やはり教育ローンを申し込む際には、十分な時間的猶予を持ったうえで申し込むことが重要なのです。

トピックス
ページトップへ