お金を借りる方法100選!目的別の賢い借り方
> > 教えてほしい!カードローンの申し込みにはどういった方法があるの?

教えてほしい!カードローンの申し込みにはどういった方法があるの?

カードローンを利用したい!と思っていても、なかなか一歩が出ない方も多いのではないでしょうか。

中には、カードローンの申し込みに店舗を訪ねているところを他の人に見られてしまったらどうしよう…と不安に思っている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ご心配は無用です。

以前は来店での申し込みが多かったのですが、現在では様々な方法でカードローンの申し込みが出来るというところも多くなっています。

今回は、そんな多様化するカードローンの申し込み方法について調べてみました。

申し込み方法は多様…ご自分に合ったタイプでお申し込みを!

カードローンの申し込み方法というとどういったものがあると思いますか?

店舗や窓口を訪ねて直接申し込みを行うという方法でしょ!と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、現在は、申し込みも様々な方法で行うことができます。

ネット・電話・郵送・自動契約機…多様化する申し込み方法とは

では、多くのカードローンで採用されている申し込み方法について簡単にご紹介しましょう。

  • 来店申し込み
    …店舗や窓口で直接申し込みを行う。
  • 自動契約機申し込み
    …各地で設置されている契約機を利用して申し込みを行う。オペレータと会話しながら申し込みが出来るものもある。
  • 電話申し込み
    …申し込み専用の連絡先に電話をかけオペレータの指示に従って申込みを行う。
  • 郵送申し込み
    …申込用紙に記入し業者に郵送して申し込みを行う。申込用紙はインターネットからダウンロードするなどできる。
  • インターネット申し込み
    …パソコンやスマートフォン、フィーチャーフォンを利用してインターネットから申し込みを行う。24時間申し込めるようになっているところが多い。

最近では多くのカードローンがインターネットでの申し込みを行っています。

インターネットを利用した申し込みは、いつでもどこでも申し込みが出来るというメリットがあり、近年のカードローンの申し込み方法の主流となってきているでしょう。

また、ネット専業銀行などのカードローンの場合、カードローン用の窓口が設置されておらず、来店での申し込みが出来ないというケースもあります。

主なカードローンの申し込み方法が知りたい!

では、ここで主なカードローンの申し込み方法について表にまとめてみましたのでご紹介しましょう。

カードローン 来店 自動契約機 電話 郵送 インターネット
アコム株式会社
SMFGグループのSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
アイフル株式会社 ×
株式会社みずほ銀行カードローン ×
株式会社三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 × ×
新生銀行カードローン レイク × ×

自動契約機はそれぞれのカードローンによって名称が異なる場合があります。

こうしてみると、インターネットでの申し込みが主流となってきている流れも分かりますね。

申し込みの前に貸し付け条件などをよく確認しましょう!

様々な申し込みの方法があるということについてご紹介してきましたが、カードローンを申し込む前に、注意してほしいことが2点あります。

それは、貸し付け条件の確認と銀行カードローンの場合口座開設の必要の有無についてです。

貸し付け条件を満たしていない場合はどんな申し込み方法でもNG!

カードローンには、必ず貸し付け条件や契約条件などが提示されています。

申込みをする前には絶対に目を通すようにしましょう。

貸し付け条件には主に以下のような内容が記載されています。

  • 申し込み対象者(年齢や収入など)
  • 限度額
  • 金利
  • 返済方式
  • 返済回数・返済期間
  • 遅延損害金
  • 担保・保証人について

この貸し付け条件にそぐわない場合、申し込みをしても、審査に通ることはありません。

特に年齢や収入についての記載はしっかりとチェックし、ご自分が申込み対象となっているか確認しましょう。専業主婦の方の場合、貸金業者のカードローンはもちろんの事、銀行のカードローンでも申し込みが不可となっているケースもありますので注意が必要です。

また、金利や返済方式も利用するにあたってとても重要なポイントですからしっかりと目を通し、納得してから申し込みをするようにしてくださいね。

銀行カードローンの場合口座開設の必要があるかどうかをチェック!

消費者金融をはじめとする貸金業者の場合、口座などの取扱いはありませんので特に必要はありませんが、銀行のカードローンを利用する場合、カードローンの種類によっては口座の開設が必要となるケースがあります。

また、即日融資を謳っている銀行カードローンであっても、もともと口座を持っていることが条件となっている場合もありますので注意しましょう。

口座を開設するまでに数日かかるケースもありますので、お急ぎの場合は、そういった点もしっかりチェックしてカードローンの申し込み先を検討してくださいね。

先ほどご紹介したカードローンの中では、みずほ銀行カードローンが口座開設が必要となります。

口座を開設して利用すると、返済が引き落としの設定が出来るなどの利点もありますので、ご自分の希望に沿ったカードローンを選ぶようにしましょう。

教えて…カードローン申し込みから借入までの主な流れが知りたい!

申込先が決まったらいよいよ申し込みを行い、実際にカードローンを利用してみましょう。

申し込みから借入までの流れは、細かな点は各業者で異なることもありますので、今回は大まかな流れをご紹介していきますね。

申し込みはご自分に合った方法で!

申し込み方法は先ほどご紹介したように様々な方法があります。ご自分に合った方法を選びましょう。

お急ぎの場合は、来店や、自動契約機、電話等で直接担当者と話をしながら申込みをしても良いですし、インターネットからでも急ぎ対応をしているところもあります。

郵送での申し込みの場合はどうしても時間がかかりますので、時間に余裕がある場合以外は選択しない方が無難です。

申し込みの後は必ず審査が行われます!

どのカードローンであっても行われるのが審査です。審査を行わない正規のカードローンはありません。

審査は、申し込んだ人が、カードローンを利用して実際にきちんと返済してくれるだろうか、限度額はどのくらいが妥当だろうかという点をチェックします。

主な審査ポイントは以下のとおりです。

  • 年収
  • 年齢
  • 職業
  • 過去の利用歴
  • 他社の借入件数
  • 現在のローンの利用状況・返済状況

他社の借入件数なんてわかるの?と思われるかもしれませんが、会員規約や申し込み規約に目を通していると、「信用情報機関への情報の登録」などという項目を目にするはずです。

この信用情報機関というのが、ローン情報などを登録・保管している機関で、カードローン業者はこの機関の情報をチェックして他社の借り入れ状況や返済状況を確認することができます。

他社の借り入れで既に滞納や問題を起こしている場合や、既に相当の金額を借入している場合は、審査に通らない可能性が高いでしょう。

審査が終わると結果が伝えられますが、審査結果はメールや電話、郵送などがあります。申し込み時に審査結果の連絡方法を選ぶことが出来るものもありますので、連絡方法にこだわりのある方は相談してみてください。

必要書類の提出をして契約に進みます!

審査に無事通ると、本格的に契約を進めるか判断することになります。このまま契約を進める場合は、必要書類を準備しましょう。

まず、絶対に必要となる書類は、本人確認書類です。こちらは申し込みの際に必要となる場合もありますし、審査の後に提出することもあります。

本人確認書類として認められるのは以下のようなものがあります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民票
  •  など

マイナンバーが記載されている場合は、その部分は見えないようにして提出することになります。

顔写真が入っていない場合、2種類必要となりますので注意しましょう。

また、記載されている住所と現住所が異なる場合は、別の書類が必要となりますので、申込先に確認してみてください。

利用内容などによって、収入確認書類の提出が必要となる場合があります。源泉徴収票や、直近の給与明細、確定申告書など必要なケースがありますので、申込先の指示に従って書類をそろえましょう。

書類の種類によっては入手までに時間がかかるケースもありますので、あらかじめどういった書類が必要か確認してから申し込むとスムーズです。

必要書類は持参、郵送、インターネットを利用して画像をアップロードなど様々な提出方法がありますので、こちらもしっかりとチェックしておきましょう。

契約を交わすと利用ができます!

必要書類が業者に認められ、契約を交わすと、カードローンの利用が出来るようになります。来店や自動契約機の場合は、その場でローンカードが発行されますし、郵送で送られてくることもあります。

カードローンの種類によっては急ぎの場合振込に対応していたり、ローンカードの発行は無く、申し込みをすれば振込対応をしているというところもあるので、お急ぎの場合は申込先にそういった対応がないか確認してみてくださいね。

カードローンを選ぶ時は借入方法や返済方法にも目を向けて!

カードローンに申し込むのってやはり勇気がいりますよね。

できるだけ申し込みやしやすい所が良い!と思う方も多いのではないでしょうか?

確かに申し込み方法が簡単だと助かりますが、そのカードローンは実際に利用しやすいものでしょうか?

カードローンを選ぶポイントは実際の利用しやすさなども重要!

カードローンの申し込みは1回だけですが、実際に借り入れをしたり、返済をするのは何度も行うことが多いですよね。

そのため、カードローンを選ぶ時は申し込みの簡潔さも重要ですが、それ以上に実際に利用するときに利用しやすいかどうかが大切となってきます。

例えば、申し込みはインターネットで出来て簡単でも、借入や返済がATMからしか行えず、そのATMが自宅近くに無い場合はいざ利用しようと思っても使いにくいですよね。

近場の借入・返済にATMが利用できる、口座振替ができるなど便利に利用できる点もしっかりと考慮してカードローンを選ぶようにしましょう。

一度にたくさんのカードローンに申し込むのはやめておきましょう!

カードローンに申し込みをするということはお金が必要であるということですね。

そうなってくると、審査に落ちたらどうしよう…もし借り入れできなかったら…と不安な気持ちで複数のカードローンに同じような時期に申し込みをしたくなるかもしれません。

しかし、一度にたくさんのカードローンに申し込みをするのは、審査に悪影響を与える可能性がありますので、やめておきましょう。

なぜならば、カードローンに申し込みをしたということも信用情報に記載されますので、同じような時期にたくさんの申し込みをしていると「よっぽどお金に困っているのだろうか」「一度にたくさんの所から借りて返さないつもりなのだろうか?」という不信感を与える可能性があります。

申し込みに関する情報は6か月程度保管されていますので、新たにカードローンに申し込みをする場合は半年以上間隔を空けておいた方が無難でしょう。

カードローンは便利で生活を豊かにしてくれるものの一つですが、付き合い方を間違えると、多重債務に陥ってしまったり、返済が出来なくなってしまったり等の事態を招きかねません。

カードローンを利用するときには、しっかりと返済計画も練って計画的に付き合っていくようにしましょう。

トピックス
ページトップへ