お金を借りる方法100選!目的別の賢い借り方
> > 「無担保ローン」ってどんな意味?よく理解した上で申し込みを

「無担保ローン」ってどんな意味?よく理解した上で申し込みを

お金を借りる方法のひとつとして、銀行や消費者金融などから借入をする方法があります。多くの銀行や消費者金融では「無担保ローン」というサービスを提供していますが、無担保ローンとは一体どのような意味なのでしょうか?

ここでは金融機関で利用できる無担保ローンについて、知っておきたいポイントを詳しくお話ししていきたいと思います。これから借入を考えているみなさんは、ぜひご参考にしてくださいね。

無担保ローンの特徴や一般的な審査条件、金利の相場などの他、無担保ローンを利用する上での注意点についてもご紹介していきますので、サービス内容をよく理解した上でローンの申し込みをしていきましょう。

担保を用意する必要なし!「無担保ローン」の意味とは

ローンによっては不動産や土地など「担保」が必要となるサービスがありますが、無担保ローンは担保なしで借入ができるという特徴があります。

つまり、無担保ローンとは、担保がないローンという意味なんですね。そのため、有担保ローンに比べると利用者の幅も広くなっています。

「担保ありのローンは申し込みできない…」という方でも、無担保ローンなら利用対象になっているというケースも多く見られています。ローン初心者の方にもおすすめですよ。

高額も借入できるの?

ただし、無担保ローンで借入できる金額は担保が必要となる有担保ローンよりも少額となることが一般的です。

有担保ローンでは不動産や土地などを担保にしているため、担保に見合った金額を借りることができますが、無担保ローンには担保となるものがないので、借入金額は少なくなってしまうのです。

もちろん「無担保ローンでは高額が借りられない」というわけではなく、審査次第では高額の借入も可能です。

続いては無担保ローンの審査条件について見ていきましょう。

様々な条件に注意して!無担保ローンの審査に通過するには

無担保ローンには担保が必要ありませんが、ローンを利用する上での審査は必ずあります。審査を受けて、審査に無事通過することができれば、無担保ローンの契約が可能となります。

一般的な無担保ローンでは、どのような審査条件をクリアしなければならないのでしょうか?ローンの申し込み前にチェックしておいてくださいね。

今の状況、審査をクリアできる?

無担保ローンの審査を受ける際には、次のようなポイントに注目してみましょう。

  • ローンの年齢制限
  • 年収や職業に関する条件
  • 必要書類の準備
  • 保証人の有無

無担保ローンの審査では、主にみなさんの年齢、年収や職業に関すること、身分証明書・収入証明書などの必要書類をチェックされます。

年齢制限の範囲外である、年収や職業状況に問題がある、必要書類が揃っていない、というような場合は審査に通過することはできません。

無担保ローンを申し込みする際には、ご自身の年齢、年収や職業の状況、準備するべき必要書類をよく見直すなど、十分ご注意くださいね。

「保証人不要」という特徴も

ちなみに、無担保ローンの場合は「担保不要」という特徴だけではなく、「保証人不要」という特徴も持ち併せていることがほとんどです。

ローンを利用する上で、保証人を付けなければならないケースもありますが、多くの無担保ローンに保証人は不要です。

ただし、場合によっては保証人が必要となることもあるため、各無担保ローンのサービス内容をよく確認してから申し込みをするようにしましょう。

銀行、消費者金融によっても違う?無担保ローンの金利相場

最後に、一般的な無担保ローンの金利についてお話ししていきたいと思います。金利は各無担保ローンによって異なりますので、ここでは金利の相場をご紹介していくことにしましょう。

無担保ローンの金利相場については、消費者金融の場合、銀行の場合などによって差が見られます。

消費者金融の中でも、大手業者と中小業者とでは金利に大きな違いがあるなど、サービスによって相場も変わってきますので、あらかじめ注意しておきましょう。

高金利の無担保ローンに気をつけて

無担保ローンの上限金利の相場については、以下のとおりです。

  • 銀行→年利15%
  • 大手消費者金融→年利16%〜18%
  • 中小消費者金融→年利18%〜20%

無担保ローンの金利については、銀行のサービスが特に低金利となっています。そこから大手消費者金融と中小消費者金融と続き、徐々に金利の相場は高くなっていきます。

法定金利の上限は20%ですので、中小消費者金融の無担保ローンは法定金利ギリギリまで高金利となるケースもあります。

高金利の無担保ローンでお金を借りる場合、利息が膨らみやすくなります。利息の負担を減らしたい場合は、低金利ローンを利用する、もしくは借入金額を減らすなどして利息が膨らみすぎないよう対処しましょう。

事業資金の借入は不可!一般的な無担保ローンの使い道

担保不要という意味を持つ「無担保ローン」には以上のような特徴があります。まずは無担保ローンを利用する前に、知っておくべきポイントをしっかり押さえておきましょう。

また、無担保ローンの多くは「使い道が自由」というメリットもあるので、様々な目的のために活用してみると良いでしょう。

ただし、無担保ローンでは事業資金の借入は不可とされているケースが多く見られています。使い道に関しても注意するべきポイントには気をつけておきましょうね。

トピックス
ページトップへ