お金を借りる方法100選!目的別の賢い借り方
> > お小遣いが足りない…そんな時に是非試してほしい3つの方法

お小遣いが足りない…そんな時に是非試してほしい3つの方法

月末や年末の出費がかさんでしまう時期や、冠婚葬祭が続いた時、またはどうしても手に入れたいものがある時、「お小遣いが足りない!お金ほしい〜」

…と、叫びたくなる時ってありますよね。そんな時、どうやってお小遣いを手に入れたら良いのでしょうか。

「お金を工面するなら、やっぱりカードローンしか無いのかな?」と考える方も多いかと思います。

しかし「借りてまで用意するのも…」という方もおられるでしょう。今回の記事では、そんな方のために、カードローン以外の「今すぐお小遣いを増やす方法」について紹介していきましょう。

まずは家にある要らないものを売ってみよう!

ではまず最初にご紹介する方法は、「家にある要らないものを売ってみる」という方法です。

一番スタンダードな方法ですね。売るのが簡単な中古のものと言えば、読み終わった本やDVD、ゲームなどでしょう。

その他、着なくなった衣類なども売ることができます。最近では、以下のようなフリマアプリが話題になっていますね。

  • メルカリ(mercari)
  • ラクマ(Rakuma)
  • Fril(フリル)
  • ショッピーズ(SHOPPIES)
  • オタマート
  • minne(ミンネ)などなど
実際のフリーマーケットは催し会場に行ったり、自分で接客をしたりしなくてはならないのが面倒ですが、フリマアプリなら、売りたいものの写真を撮って、アプリ上にアップすれば良いだけなので、大変便利です。

しかしながら、「アプリは使わない」「登録するのが面倒」「売れたら手数料取られるでしょ」などの理由から、フリマアプリが好きではない方もおられるでしょう。

そのような場合は、思い切って以下のようなリサイクル店へ持ち込むのがオススメです。主なお店を紹介しておきましょう。

  • ブックオフ(書籍、CD、DVD、ゲーム、店舗によってはフィギュアなども)
  • ハードオフ(パソコン、オーディオ、楽器、カメラなど)
  • オフハウス(ブランド品、アクセサリー、家具、衣類など)
  • ガレージオフ(カーグッズ、ホイール、ナビなど)
  • ホビーオフ(おもちゃ、カード、プラモデル、カプセルトイなど)
  • トレジャーファクトリー(衣類からインテリアまで幅広く買い取り)
  • 2nd STREET「セカンドストリート」(衣類からインテリアまで幅広く)
  • ブランディア(ブランド品の衣類、アクセサリー、時計、財布など)


リサイクル店は、フリマアプリと違ってお店の方で値段を付けられてしまうので、持ち込んだ商品によっては「これだけしか値段が付かなかった…」という場合もあるのですが、お金を作るのに一番手っ取り早い方法ではあります。

ちなみに、リサイクル店は実際の店舗の他、インターネット上でも買い取り受付をしているところがほとんどです。

なので、「持ち込みに行く時間がない、忙しい!」という方は、売りたいものをまとめて段ボール箱などで送るだけで査定してもらえる、という点はとても便利なポイントですね。

実際にインターネットで買い取り査定を希望する場合は、ホームページをよく確認して手続きを行いましょう。

芸は身を助ける!作ったものを売ってみよう

次に紹介するのは、「何かを作るのが好き」という方にオススメの方法です。こちらはアプリを使うと便利ですよ。

絵を描くのが好き、アクセサリーを作るのが好き、お皿を作ることができる…そんな作家気質のある方は、自分で作ったものを売ってみてはいかがでしょうか。

最近ではハンドメイドの一点ものを売るマーケットなどが、大変話題になっています。

即売会のイベントも度々開かれていますが、「自分で接客してる暇はない!」「接客は苦手で…」という方も多いでしょう。

そのような場合には、アプリを利用するのがとても便利でオススメです。自分で作ったものを売れるアプリやサイトには、以下のようなものがあります。

  • minne(ミンネ)
  • Creema(クリーマ)
  • iichi(いいち)
  • tetote(テトテ)などなど

ハンドメイド作品のジャンルは実に幅広く、アクセサリーはもちろん衣類や食器、置物など様々です。

何か作るのが好き!という方は、簡単に作れるものから売ってみるのも良いのではないでしょうか。

なお、それぞれのアプリやサイトでは、作家登録などが必要な場合もあります。利用する場合は、よく注意事項を見てから利用してみましょう。

お話が好きな方は稼げるかも?自宅でチャット

最後に紹介するのは、パソコンなどを使ってチャットをするアルバイトです。自宅で簡単にできるのですが、注意が必要です。

このアルバイトは女性の場合は「チャットガール(またはチャットレディー)」、男性の場合は「チャットボーイ」などと呼ばれています。

どちらにしても、最初の登録料などはかからないことが多く、自分の好きな時刻に自分の好きなタイミングで稼げて、自宅で簡単にできるのが魅力です。

登録費用などは要らない代わりに、ウェブカメラが必要ですが、最近のパソコンには最初からカメラが付いていることも多いので問題ないでしょう。

ただ、チャットをしてくれるお客さんが来ないと、お金が稼げないという難点はありますが、お話をするのが好きな方には気分転換にもなってオススメです。

その他の注意点としては、女性にしても男性にしても、異性と二人きりでチャットをしていると、アダルトな方向に話がそれてしまう場合があります。

チャットサイトでは表向きは「脱衣、卑猥な行為などは禁ずる」としている正当なサイトでも、実際のところはその利用規範を無視する利用者もいます。

画面上でチャットをするとは言っても、もしかすると自分の画像が録画されていたりと、危険なことに使われないとも限りません。

チャットに来たお客さんが、もしも「脱いでほしい」などの希望を伝えてきても、「脱いだらお金になるし…」とお金に流されることなく、きっぱりと断る勇気が大切です。

また、サイトによってはこのような迷惑行為を行う利用者を、通報できたり利用禁止にできるサイトもあります。

チャットサイトでアルバイトをする際は、自分の行動に責任を持って正しく利用し、楽しくチャットをしてお金を稼ぎましょう。

それでもお小遣いが足りない場合はカードローンも

お小遣いを作る方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?要らないものを売るなら、簡単に今すぐできそうですよね。

また、不要なものを整理すると、部屋の中がさっぱりと片付くというメリットもありますよ。

以上のような方法を試しても、どうしてもお小遣いが足りない…という場合は、カードローンに頼ってみるのも良いでしょう。

「カードローンは、ずっと返し続けなくてはいけないのでは?」など悪いイメージを持っている方も、借りた金額を毎月キチンと返せるような使い方をすれば、カードローンは怖くありませんよ。

その他、初めて利用する方には、一定期間の利息が0円というキャンペーンをしている消費者金融会社もあるので、試しにそのようなところで借りてみるのも良いかもしれませんね。

トピックス
ページトップへ