お金を借りる方法100選!目的別の賢い借り方
> > カードローン金利、高いのが納得いかない人必見!少額をお得に借りる

カードローン金利、高いのが納得いかない人必見!少額をお得に借りる

「カードローンの金利が高くて納得いかない!」と考えている人は少なくないのではないでしょうか。

大手都市銀行のコマーシャルで提示されるカードローンの金利はのきなみ4%前後と低金利。三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイックのように1%台を謳っているところだってあります。

しかし、実際に数万から30万程度のお金を借りたとき、18.0%の高金利だった、なんて人も多いみたいです。

なぜ、そんなにも金利が高いのか?その理由を探るとともに、もっとお得に借入する方法についても調べたいと思います。

借入限度額によってカードローンの金利はまったく違ってくる!

実は、消費者金融、銀行、どちらのカードローンも、「利用限度額が増えると段階的に金利が下がる」仕組みなんです。もっとも利用者の多い10万円前後〜30万程度の低額借入の金利を高めに設定すれば、効率的に利益を弾き出すことができるからです。

つまり、利用者側からすれば、大金を借りれば借りるほど、金利が低くなるけれど、逆に少額借入の場合は、高金利を取られてしまうというわけ。

まずは、人気の高い大手消費者金融やメガバンクのカードローン金利を限度額ごとに見てみることにしましょう。

実質年利3.000〜18.000%のアコムのカードローン!

まずは大手消費者金融、アコムのカードローン。限度額ごとの金利の推移は以下の通りです。

限度額 利率(実質年利)
1〜99万 7.700〜18.000%
100〜300万 7.700〜15.000%
301〜500万 4.700〜7.700%
501〜800万 3.000〜4.700%

3%ジャストの低金利といえば、すばらしく魅力的ですが、実際のところ、アコムでは500万以上の高額を借りないことには、3%の低金利で利用できないことになります。

三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイックは年利ナント1%台!

次に紹介するのは、メガバンクの人気カードローン。三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイックです。

限度額 利率(実質年利)
10〜100万 13.600〜14.600%
100〜200万 10.600〜13.600%
200〜300万 7.600〜10.600%
300〜400万 6.100〜7.600%
400〜500万 1.800〜6.100%

1%台の低金利!と聞けば、今すぐにでも飛びつきたいところですが、実際のところ、400万以上の高額を借りない限り、三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイックで、1.8%の金利は適用されません。

10万円ほどの借入なら銀行カードローンより消費者金融の方が低金利

10万円程度の借入なら、銀行より消費者金融のカードローンを利用した方が断然お得だということが分かりました。

頭を悩ませがちなのが、300万円ほどを借入したいと思った場合。アコムのカードローンでは300〜500万円の借入は、金利4.700〜7.700%となっています。

しかし、三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイックで400万円以上借りれば金利は一気に1.800%〜と大きく下がるのです。

「金利が1%台になるなら、300万借入するつもりだったけど、100万ほどプラスして400万円を1%台でお得に借りるべき?」果たして、そうなのでしょうか?

どんなに金利が高めでも必要金額しか借入してはいけない理由は!?

このように、「金利が安くなるなら、もっと借入しちゃおう!」という考えは大間違い。

たとえ、金利が2、3%高くなったとしても、不必要な額の借入は決してするべきではないのです。

カードローン利用の鉄則は、「自身が必要としている金額の借入しかしない」こと。

いくら金利が安くなるからといって、分不相応な大金を借入すれば、のちのちの返済で苦労することが目に見えているからです。

利用者の無謀な高額借入を防ぐ!?貸金業者のルール“総量規制”

消費者金融などの貸金業者は、「貸金業法」という法律を守ることが義務づけられています。その中の項目のひとつが、“総量規制”。「年収の三分の一を超える金額の貸付はしてはならない」と、貸金業者の融資について厳しく制限しています。

つまり借入希望者は、年収額の三分の一以上の金額のお金を借りることができないということ。

なぜ、年収額の三分の一以上の金額を借入することができないのでしょう?その理由は、お金を借りた人が無理なく返済していくためなんです。

年収の三分の一以内の金額の借金ならば、通常の生活をつづけながらでも返済可能な金額であろう、というのが“総量規制”の根拠なのです。

銀行カードローンは高額借入の希望が比較的通りやすい!?

消費者金融アコムのカードローンと、メガバンク・三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイックを比較した際、400万円以上高額借入に対し金利面がお得で有利なのは、断然後者の方でした。

しかし、“総量規制”が適用されてしまうことを考えると、400万円の借入が可能なのは、1200万以上の高額所得者に限られてしまいます。

実は1200万以上の収入がなくても、銀行カードローンなら、400万円以上の金額を借りることは可能なんです。

銀行は貸金業者でないため、消費者金融のように貸金業法を守る必要がありません。 “総量規制”の適用範囲外の銀行カードローンなら、年収の三分の一を超える大金も借りることができるんです。

カードローンを利用する際、返済計画を具体的にイメージすべし!

銀行は高額貸付も可能だからといって、年収の三分の一を超えるような大金を借りることは絶対にオススメしません。収入が少ない人が大金を借りれば、のちのち返済に四苦八苦することはあきらかだからです。

1.8%の超低金利で400万円を借りることができた、と仮定しましょう。

年利の計算式は、利用残高×実質年率÷365×利用日数=利息ですから、この数式に当てはめてみて、一年後に完済するとします。

4,000,000×0.018÷365×365=72,000(円)

利息はわずか7万円ほどですが、月々返済しなければならない金額は33万円にも及びます。光熱水費、通信費、家賃、その他、日々の食事のことを考えて果たしてその金額が捻出できるでしょうか。年収一千万あったとしてもおそらく生活苦は免れないに違いありません。

少ない金額をカードローンで賢く、お得に借りる方法とは!?

銀行カードローンの融資では、高額を借りれば借りるほど、金利がどんどん安くなること、また、銀行は、消費者金融と違い、貸金業法を守る義務がなく、総量規制の適用を受けないため、年収の三分の一以上の金額の貸付が可能であることをお伝えしました。

しかしながら、どんなに低金利の貸付であったにせよ、分不相応の高額を借りることは日々の生活を苦しめることに繋がることもお教えしました。

お金を借りるときにもっとも大切なのは、のちのちの返済のイメージをきちんと持つことです。割高に感じる金利も、やりかた次第でグンとお得になるんですよ!

必要最低限の金額だけ借入し、できる限り早めに完済してしまう

いちばんオススメしたいのは、「すぐに返済可能な金額だけ借りて、最短で完済する」という方法。

連休中や週末、深夜、早朝にどうしても現金が必要になることってありますよね?自分名義の預金口座からキャッシュカードでお金を引き出すにも手数料がかかるし、まして、提携銀行以外から引き出すとさらに余計にお金がかかってしまう…。

無人契約機やWeb完結でカードローンを利用すると、銀行の手数料よりはるかに安く済むことが多いんです。

たとえば、5万円を18%の高金利で借り、3日後には返済したとします。

50,000×0.18÷365×3=123(円)金利はわずか、73円!

銀行の時間顔手数料よりはるかにお得なことがわかりますよね!

「必要金額だけを借りて、最短期間で返す」ことは、金利面でお得なだけではなく、これを繰り返すことによって信用度が増し、のちのち大金を借りるとき、たとえば住宅ローンを組むときなどに、有利になったりもします。

銀行・消費者金融カードローンの無利子キャンペーンを利用する!

さらにお得な低額の借入方法として、カードローン会社の無利子キャンペーンを利用するというものがあります。

カードローン利用について無利子期間を設けている消費者金融は次の3社です。

  • プロミス
  • アコム
  • レイク

このうち、プロミス、アコムは初回利用に限り、30日間無利子での借入可能。
レイクは、借入金額のうち、5万円まで180日間無利子です。

プロミス、アコム、レイクでまだカードローンを申し込んだことがないという方!無金利期間を利用してぜひお得に借入してくださいね。

プロミス、アコム、レイクの借入限度額、金利(年利)については以下の表をご参照ください。

カードローン会社 借入限度額 借入利率(年利)
プロミス 〜500万円 4.5〜17.8%
アコム 1〜800万円 3.0〜18.0%
レイク 1〜500万 4.5〜18.0%
トピックス
ページトップへ