お金を借りる方法100選!目的別の賢い借り方
> > お金がないから払えない…入院費用の支払いが難しい時の対処法

お金がないから払えない…入院費用の支払いが難しい時の対処法

急な怪我や病気で入院することに…。このようなトラブルは誰しも起こり得るものですが、お金がない時に入院しなければならなくなった場合、入院費用の支払いが心配ですよね。

ここでは入院費用の支払いが難しい時の対処法として、入院費用を借りることができる公的制度についてご紹介していきたいと思います。もしもの場合にもお金の面で安心できる方法をチェックしておきましょう。

入院費用を借りることができる公的制度も様々ありますので、ご自身の状況に合った制度を選んでサポートしてもらうと良いでしょう。

入院費用が支払えない時には「高額療養費貸付制度」を

まずは入院費用の支払いが難しい場合におすすめの「高額療養費貸付制度」についてご紹介していきたいと思います。

医療費が思った以上に高額になってしまった場合に活用できるのが、公的制度の「高額療養費制度」です。

毎月一定額以上の医療費を支払った場合に、支払い過ぎた分の金額が戻ってくるという制度なのですが、

  • 今すぐにお金が必要!
  • お金がないからそもそも支払えない…
  • できるだけ早く借りたい!

というケースには不向きですよね。

そんな時におすすめなのが、高額療養費制度で戻ってくる金額を無利息で借りることができる「高額療養費貸付制度」です。

請求から支払いまでの期間はどのくらい?

高額療養費貸付制度は、基本的に戻ってくる金額の8割を借りることができます。ちなみに国民健康保険に加入されている方については9割を借りることが可能です。

高額療養費制度では、費用の請求をしてから支払いされるまで3ヶ月以上かかってしまいますが、高額療養費貸付制度を利用することで、請求後2〜3週間後にはお金を借りることができます。

急ぎで入院費用が必要な場合には、ぜひ高額療養費貸付制度を活用してみてくださいね。

確定申告をすればOK!医療費を控除してもらえる制度も

続いてご紹介するのは「医療費控除」の制度です。

「高額療養費制度」では、医療費の自己負担額が一定の金額を超えた場合に適応される制度ですが、医療費控除については対象となる金額以下である場合も利用可能な制度となっています。

医療費控除を受けるには、必要事項を「確定申告書」に記載し、確定申告の手続きを行う必要があります。申告を忘れないようご注意くださいね。

交通費なども医療費控除の対象!

医療費控除の対象となるのは、入院費用だけではありません。次のような費用も医療費控除の対象になっていますので、チェックしておきましょう。

  • 治療費や診療費
  • 入院する際にかかった交通費
  • 医薬品の購入費用

交通費に関しては、電車やバス以外にタクシー代も医療費控除の対象となっています。

医療費控除を受けるためにも、確定申告が始まるまでに入院する際にかかった様々な費用を細かく割り出しておきましょう。

収入面もこれで安心!「傷病手当金制度」も活用してみて

最後にご紹介するのは「傷病手当金制度」です。入院が決まり、仕事に行けなくなってしまった場合、収入面の不安も出てきますよね。

傷病手当金制度は、長期間仕事を休養した場合に適応される制度で、休養4日目〜最長1年半の期間であれば手当金の支給を受けることが可能です。

手当金は収入の三分の二程度の金額に

手当金として受け取ることができる金額は、みなさんの収入の三分の二程度の金額となります。収入面の心配もこれで安心できますね。

傷病手当金制度は、申請から支給日までの期間は1ヶ月となっていますが、早い場合は2週間前後で手当金を受け取ることも可能です。

ただし、支給されるまで2ヶ月以上かかってしまうケースもありますので、あらかじめご注意くださいね。

お金がない時は金融機関の「医療ローン」もおすすめ

以上でご紹介してきたのは公的な医療制度ですが、お金がない時は各金融機関の「医療ローン」を利用することもおすすめです。医療ローンは、主に銀行や信用金庫などで利用できるサービスとなっています。

入院費用、治療費、診療費などの支払いを自己負担するのは難しい…というような場合は、公的制度はもちろん、医療ローンの利用も視野に入れてみてくださいね。

トピックス
ページトップへ