お金を借りる方法100選!目的別の賢い借り方
> > 希望限度額に届かず…カードローンの限度額ってどうやって決まるの?

希望限度額に届かず…カードローンの限度額ってどうやって決まるの?

カードローンのサイトなどを見ていると、利用限度額が最大500万円や1000万円…なんていう数字を見たことがある方も多いのではないでしょうか。

そんなに借りられるなら助かる…と申込みをしてみたいいけれど、いざ結果を見ると、限度額が50万円となっていたという経験をされたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

希望限度額通りに限度額が設定されれば良いのですがそうではない場合、困りますよね。

では、カードローンの利用限度額は一体どのように決められるのでしょうか?

今回は、カードローンの限度額がどのように決められるのかについて調べてみました。

カードローンの限度額は審査によって決定されます!

どうしても100万円必要なのに手持ちがない…そうなった時にカードローンの利用を検討するかもしれません。

カードローンに申し込みをして、100万円借り入れ出来れば問題ないのですが、希望額を100万円としても実はその希望額通りにいくとは限らないのです。

カードローンの利用限度額は業者側が判断します!

カードローンの利用限度額ってどういう風に決まると思いますか?

アナタが希望した通りに金額になると思っているのであれば、それは誤解ですので注意しましょう。

実はカードローンの利用限度額は一方的にカードローンの業者側が決定をすることができます。

カードローンのサイトに、最大利用限度額1000万円や500万円などという大きな金額が書かれていますが、すべての人がそのような金額になるということはまずありえませんのでそこも理解しておきましょう。

希望限度額に届かないこともあることを覚悟しましょう

限度額は業者側に決定する権利がある為、100万円の希望を出したとしてもそのまま100万円が限度額になるとは限りません。

もちろん、申し込みのときに、申込者が希望限度額を提示して、業者側はそれを参考にはしますが、必ずしも希望通りになるとは限りません。

全ての人を希望額通りに対応してしまうと、返済能力が無い人に貸しすぎてしまうという事態が起きてしまうかもしれないからです。

返済能力以上に貸してしまうと、返済がきちんとされない可能性が高く、業者にとってもマイナスとなりますし、借りる側にとっても借りすぎて返せなくなると自己破産などの債務整理をしなくてはいけなくなってしまう可能性もあります。

双方にとって良くないことになりますから、業者側も慎重に限度額を見極めているのです。

では、どのような事をポイントにして限度額を決定しているのでしょうか?

知りたい!限度額を決める審査のポイントはどんなところ?

カードローン業者が利用限度額を決定するのは審査の時です。審査の際どのようなポイントで限度額を決めるかというと、その詳細についてカードローン業者側は明らかにしていません。

しかし、一般的には以下の点がポイントとなっていると言われています。

  • 年収
  • 他社からの借り入れ・借入枠
  • 総量規制(消費者金融をはじめとする貸金業者の場合)

それではこれらについてもう少し詳しく見ていきましょう。

年収は限度額決定の重要ポイント!

カードローン業者が限度額の決定をする上で最も重要となると言われているのが年収です。

やはり、年収が高い人の方が、審査のうえでは有利とされており、限度額の判断でもプラスに働くことは間違いないでしょう。

カードローンの場合、毎月の返済額が一定となる事が多いのですが、例えば限度額100万円、毎月5万円の返済が必要な場合、月の手取りが10万円の人と、30万円の人ではその割合が全然違いますよね。

月10万円の手取りの方の場合、半分をカードローンの返済に充てる事にあり、こうなると破綻することは想像に難くありませんので業者側もそのような判断はしません。

他社からの借り入れや借入枠は限度額に大きな影響を与えます!

既に他社から借り入れをしているという方もいらっしゃるかもしれません。

そのような場合、今回申込みをしたカードローンの利用限度額が低く設定されることもあります。

どうしてそんなことになるの?と思われるかもしれませんが、やはり他社から既に借り入れしているというのはマイナスの判断材料となってしまうのです。

他社の借り入れの分を返済するために今回借り入れするのではないか、色々なところから借り入れしても返済できないのではないかという不安感を与えてしまうことになります。

他社の借り入れ状況によっては、カードローンの利用自体がNGと判断されてしまう可能性もあるので注意しましょう。

また、現在は借入していなくても、前利用していたカードローンの利用枠が残っているような場合も、限度額に影響を与えるので注意が必要です。

今回のカードローン1本に利用を絞りたいのであれば、もう利用していないカードローンは解約してしまうのも悪くない判断でしょう。

消費者金融などの場合は総量規制も大きく関わってきます!

消費者金融など貸金業者の場合、総量規制も限度額の決定に大きな影響を与えます。

  • 総量規制とは…
  • 貸金業法に定められている規制で、貸金業者は、申込者の年収の1/3以上の貸付を行ってはいけないと定められています。この時の貸付金額は、1社単体での金額ではなく、貸金業者全体の合計となっているので注意が必要です。

つまり、年収300万円の方は100万円までしか貸し付けしてはいけないという決まりになっているのです。加えて、他社で既に借り入れをしている場合は、その金額も合計しなくてはいけません。

既に他社から50万円の借り入れをしている場合は、あと50万円までしか借り入れできないということになります。

他社の借り入れ状況なんてどうやってわかるの?と思うかもしれませんが、私たちのローン情報は信用情報機関というところに登録されています。

この信用情報機関に登録されている情報は、本人または正当な理由がある会員(業者)であれば情報を照会することが出来るのです。

審査の際には信用情報機関に情報を照会し、申込者のローン状況についてチェックすることになっています。そのため、他社の状況等も知られてしまうことになるのです。

希望限度額に届かない…そんな場合はどうすればいいの?

では、実際に申し込みをしてみて、希望限度額に届かなかったという場合、どうすればよいのでしょうか?

そもそも希望限度額に無理がなかったか振り返ろう

先ほどご紹介しました通り、限度額の決定は審査によりカードローン業者が決定します。

そのため、この業者は希望限度額に行かなかったから別の業者に申し込みをしてみようかなと思われるかもしれません。

もちろん審査基準は業者によって差異がありますが、別の業者に申し込みをする前に、まずは、その希望限度額は、果たして妥当だったかどうか振り返ってみましょう。

年収と同じくらいの金額を希望している…なんていう場合はおそらく他のカードローンに申込みをしても希望限度額通りに限度額が決定するのは難しいのではないでしょうか。

どんなに多くても年収の1/4~1/3未満にしておかないと、希望限度額通りにならない可能性は高くなります。

どうしても高額を希望する場合は担保付ローンなどの検討も

カードローンの場合、無担保・保証人なしというところが多く、そのため、限度額も低めに設定されることが多いです。

しかし、不動産担保付きローンなどの担保を付けたローンの場合、その利用限度額は跳ね上がります。

これは、本人の返済能力にプラスして担保の価値が付帯されるからなのですが、どうしても高額のお金を借入したい!という場合は、担保付のローンの検討をされてみるのも良いかもしれません。

ただし、担保付ローンは当然のことながら返済できないと担保を手放すことになってしまいますので注意が必要です。

特に内緒で借り入れしたい!なんていうのも難しいケースもありますので、安易に申し込まずに十分検討するようにしましょう。

カードローンの限度額…初めは低めに設定されることが多い?

カードローンの利用限度額について、いきなり100万円など大きな金額を希望しても希望通りにならないというケースが多いと言われています。

初めは利用限度額についても少し低めに設定されることが多いようです。

どうして初めから大きな金額は難しいの?

インターネットのサイトなどを見ると、最大1000万円まで可能!とか書いてあるんだから期待するじゃないか!という方もいらっしゃるかもしれませんが、少し考えてみてください。

アナタがお金を貸す立場なら、よく分からない初めての人にいきなりポンと大金を貸すことはできますか?

出来れば初めは5万円などの額から貸してみて、きちんと返済されるようなら少しずつ貸す金額をあげてもいいかな…と思いませんか?

カードローン業者も根本は同じでしょう。

いきなり大きな金額を貸し付けてしまうといざ返済されないとなった時の負債が大きなものとなってしまいます。

そのため、まずは低めの限度額で様子を見てきちんと利用してくれる人かどうかを見極めている可能性もあるのです。

しばらくきちんと利用すれば増額の可能性も出てくる!

カードローンを利用してきちんと毎月返済をしていると、業者側から「増額のご案内」など限度額の増枠についての案内が来ることがあります。

増額はその名の通り利用限度額の枠の拡大で、今まで10万円の限度額だったのが、20万円になるなど、増えることになるのです。

ただし、増額に関しても審査があり、総額の案内が来たにもかかわらず審査の結果増枠できなかったというケースもあるのでその点は理解しておきましょう。

カードローンを利用する際には誠実に付き合っていくことが何よりも大切です。分不相応な希望限度額を望むのではなく、決められた限度額の中で上手に活用していくようにしましょう。

正しく付き合えば便利なものですから借りすぎず、計画的に利用してくださいね。

トピックス
ページトップへ