お金を借りる方法100選!目的別の賢い借り方
> > 生活費が足りないなら、家計を見直して現状打破

生活費が足りないなら、家計を見直して現状打破

「生活費が足りない」「どうしたら家計が楽になるの?」「対策の仕方がわからない」そうやってお困りですか?

お金のやりくりはいろいろと大変でしょう。収入は中々増えないけれど出費は減っていく。けれど、やり方は必ずあるはずです。

まずは家計簿の確認! 家計簿をつけてないならつけてみよう

まず家計簿をつけてみましょう。家計簿をつけるということはお金の流れを理解する事です。それによって節約ができるようになるのです。支出を把握すれば無駄な部分が解りますし、節約できる所が解るはずです。

家計簿をつけるコツ

家計簿は絶対に必要! と、いうわけではありませんがつけていると楽です。最近では家計簿を簡単につける事ができるノートが販売しています。また、レシートを撮影するだけで自動入力ができるアプリやグラフ入りで見やすい家計簿を作る事ができるパソコンソフトもあります。

  • 細かくつけなくても大丈夫です
  • 引き落としできる口座はまとめよう
細かく記載するとすぐに挫折してしまう。大体の目安で大丈夫。目的は、項目別の支出を把握する事

一々、洗剤が何円。人参何円、キャベツが何円と記載していると大変です。そんな時間も無いでしょう。でも、安心です。そもそも、そんな事をしなくて良いのです。

スーパーで大体、いくら使った。その中で食費は八割ぐらい。と、あくまで目安で良いのです。たとえば、食料しか買ってないなら食費と記載して家計簿に書けば良いのです。日用品や他の分につかったなら、どの割合かを大体で目安で記載すれば良いのです。それで、かまわないのです。覚えていられないなら、レシートを持っておきましょう。あとで、見直す事も出来ます。

口座をまとめておいて引き落としておけば簡単に解る

家賃、光熱費、通信費と言った口座を引き落としに出来るものはまとめておきましょう。一つの口座にまとめておけば、通帳記入するだけで一ヶ月の金額が簡単に解ります。それを、見直して家計簿などに記載すれば後は簡単です。

支出がわかったら節約できる場所がわかるはず

一ヶ月の支出が解れば使いすぎている所が必ず見つかるはずです。たとえば、一ヶ月に洋服代を三万円使っていると仮定しましょう。一年間で三十六万円の支出となります。これだけで、一ヶ月は暮らせそうです。一ヶ月でもそれほど高額でもない。けれど、一年で考えるとかなりの金額になります。そう言った事を踏まえて見直してみましょう。

  • 月々の予算を決めよう
  • 貯金はしっかりと計画をして

支出が解ったら支出の予算を決めておきましょう。大体、何割と言う風に決めておきましょう。目標金額を大きくオーバーしていたらそこには何か無駄があるはずです。どうしても譲れないと言う所があれば、他の項目で調節も出来ます。

予算を組み立てて無理のないように

出費で平均的な数値をみてみましょう。たとえば、家賃は二割五分。車は五分。食費は一割五分といった感じです。もちろん、あくまで目安ですし上限です。上限ぴったりじゃなくて良いのです。むしろ、上限を下回れば生活は楽になるでしょう。

毎月、貯金をすればいざと言う時に楽

続いて、貯金の話です。家計が苦しいから相談しているのに! 貯金している余裕はない!
そんな言う意見もあります。けれど、貯金は余ったお金でするものではないのです。振り込まれたお金から予め決めた金額を貯金に回して生活をする。それが、正しいのです。

沢山、貯金が入れば多目に貯金するけれど一番、大切なのは決まった額を貯金する事です。そうすれば、もしもの時に安心です。

とは言え、収入が月々ですぐに変わると言う人もいますし出世をしたりして収入が上がれば、会社の経営が苦しくなると収入が減る事もあります。なので、適正金額を貯金しましょう。適正額は大体、手取り収入の一割五分です。貯金は定年に向けての生活資金でもあるので定年までの貯金です。毎月、収入の一割五分を貯金すれば七年で一年分の収入が貯金できます。予算を決めるときも貯金を差し引いて考えましょう。

また、夫婦でいざと言う時のために別々の口座で貯金をしておくのも一つの手です。また、口座を分けておいて貯金用の口座と給料振り込みの口座、生活費の口座とわけておいたら貯金がはっきりと解ります。

予算を決めたら節約の開始! 節約のコツ

予算を決める事により、どこで無駄使いをしていたのかがはっきりと解ります。それによって、どこを削るべきかが解ります。それにより、予算内で収まるようにすれば自然と出費が抑えられるのです。

無理のない貯金の為にも節約は大切!

節約と言うと、細かいところで百円、二百円とケチる事と言うイメージがありますがもっと効果的なポイントもあります。

  • 毎月決まった引き落とし金額の見直し
  • 生活の中で見直したい支出
  • 簡単な努力で細かい出費が抑えられる

ちょっとしたコツで意外とお金を節約できたりします。もちろん、家庭菜園をしたりクーポンを使ったりまとめ買いや無料で遊べる施設を使うなど百円単位の節約も大切です。

効果的簡単な節約ポイント

毎月、決まった支出があるはずです。それを見直せば、月々に出費を抑えられます。たとえば、千円の出費を抑えれば一年で一万二千円も出費を抑えられるのです。

本当に必要なのか? 節約できないかを考えて見よう

携帯を初めとした通信代、保険料や車に家賃と出費はあります。もちろん、それを零にするのは現代社会では不可能でしょう。けれど、冷静に見直してみれば意外と節約できるのです。

たとえば、不要なサービスはいっそ解約すれば年間で数万円の出費を節約できます。また、同じキャリアなら通信料が無料になるのは有名です。家族で同じ携帯会社と契約をすればいろいろとお得です。

また、通信会社は新しいプランがどんどんと出て居ますので、二年に一度は見直してみたらいかがでしょうか?

また、保険料は最近では一年ごとに契約を更新するのもあります。無駄な保険に入らずに自分にあった保険に入りましょう。

生活の中にある無駄な出費を抑えれば家計に余裕が生まれる

他にもスポーツジムや習い事をしていると言う人もいるでしょう。月々はわずかでも年間で考えて見ると、以外と出費が多かったりします。本当に必要なのか考えて見ましょう。スポーツなら無料の運動施設もありますし、習い事も本当に必要なのかを考えてみましょう。不要なら解約した方が良い場合もあります。

また有料アプリやネット通販などは、お金を払うと言う意識が薄れやすいです。買いすぎや使いすぎには気をつけましょう。最近は、無料サービスなどもあります。そちらで代用が出来る事もあるかもしれません。

一番は、不要なものを買わないようにしましょう。欲しいと必要は一致するとは限りません。衝動買いはせずにじっくりと考えて本当に必要なのかを見極めましょう。

少しの努力で出来る簡単な節約方法

深夜や祝日などに口座からお金を引き出すときに手数料が掛かる事があります。手数料が掛からない日にお金を下ろす。また、外での外食は月に何回までと決める。コンビニはなるべく利用しない。そう言った細かい事でも確実に芽が出ます。

はっきりとした目標を立てよう

ついつい無駄遣いをしてしまう人もいるでしょう。なら、目標を決めるとよいと思います。幾つまでに何円貯金をする。と、明確に決めると励みになりますし達成すれば、またがんばれます。何となくではお金は貯まりません。

また、節約ポイントと贅沢ポイントは見極めましょう。お金のために時間や心の余裕を失うのも悲しいのです。ちゃんと自分に無理のない目標をたてて見ましょう。

いざと言う時の手段のキャッシングとカードローン

いろいろと説明しましたが、どれも節約は一日で大金になるわけじゃありません。一年先、五年先、十年先と先々を見通した方法です。

どうしても今すぐ、お金が必要

時にはそう言う時もあります。なら、お金を借りてみましょう。最近では専業主婦やパート主婦でもお金を借りる事が出来る事もあります。

ただし、お金を借りる上でも注意があります。

  • 必ず収入で返せる範囲内で借り入れを
  • 収入が増えたからと調子に乗って借りない
  • 借り入れは生活面にも余裕を持って
キャッシングやカードローンの返済に追われて生活面がおろそかになる。それでは、元も子もありません。無理をせず、今までのご説明したポイントを注意してお金を借りましょう。

女性や主婦でも、初めてでもお金を借りる事が出来る。近年ではそんなサービスが増えています。女性専用のサービスなどを利用してみましょう。

トピックス
ページトップへ