お金を借りる方法100選!目的別の賢い借り方
> > クレカのショッピング枠現金化はNG!お金がいるならキャッシング

クレカのショッピング枠現金化はNG!お金がいるならキャッシング

「クレジットカードの現金化」という言葉を聞いたことはありませんか。クレジットカードなら持っているという方も多いですよね。

クレジットカードを利用してお金が手に入るのであれば、急にお金が必要だという時にも助かりますよね。

ここではクレジットカードの「キャッシング枠」と「ショッピング枠」について紹介し、ショッピング枠の現金化はしてはいけないことを説明していきます。

そして、お金が必要な時に現金を手に入れる方法を見ていきましょう。

まずは基本!クレジットカードのキャッシング枠とショッピング枠

クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠があることは知っていますか?

  • キャッシング枠
  • ショッピング枠

キャッシング枠では現金を借入れする機能があり、ショッピング枠では商品やサービスを購入し、後払いにする機能があります。

そして、それぞれに限度額が設定されていますので、限度額を超える利用はできませんよ。

意外に知らない!ショッピング枠の現金化とは

ところでインターネットや新聞・雑誌等で「クレジットカードのショッピング枠を現金化します」という広告を見かけたことはありませんか?

この広告を真に受けて「なんだ!ショッピング枠でもお金が借りられるのか」と納得した方はキケンですよ。

そもそもクレジットカードのショッピング枠の現金化とは、ショッピング枠の利用可能枠を換金目的で利用することであり、本来の目的とは異なっているのです。

そのためクレジットカード会社は「クレジットカードのショッピング枠の現金化」は認めていませんよ。

現金化のパターン

ショッピング枠を現金化するには2つのパターンがあります。

  • キャッシュバック方式
  • 買取屋方式

キャッシュバック方式では、指定された商品を購入すると、その後手数料を差し引いた金額が銀行口座にキャッシュバックされます。

買取屋方式では、業者が指定された商品を購入すると、その業者が手数料を差し引いた金額で買い取ることによって、現金が手に入ります。

いずれのパターンも高額な手数料を取られたり、お金が振り込まれなかったりしますので、トラブルに巻き込まれることになりますよ。

これで納得!ショッピング枠の現金化を利用すべきでない理由

繰り返しになりますが、クレジットカード会社はクレジットカードのショッピング枠の現金化を認めていませんので、現金化をするべきではないのです。

これまでに紹介した理由以外にも利用すべきではない理由がありますよ。

  • 現金化業者の違法性
  • 利用する側の違法性
  • 自己破産の免責不許可事由に該当
  • カード利用規約違反
  • 個人情報の悪用に注意

現金化業者の違法性

現金化業者の違法性には、ショッピング枠をキャッシング目的で利用したことによって、現金化業者を金融業者と認定した場合に該当します。

金融業者であれば、貸金業法にもとづいて国や都道府県知事に届出を行う必要がありますので、貸金業法に違反していることになります。

また貸金であれば、出資法の上限金利である年20.0%を守る必要があります。現金化業者が手数料として取る金額は高額で、出資法の上限金利を超えているため、出資法にも違反していることになります。

  • 貸金業法の違反
  • 出資法の違反

実際に多数の現金化業者が出資法違反(超高金利・脱法行為)や貸金業法違反(無登録営業)で逮捕されていますので、クレジットカードのショッピング枠の現金化は違法行為となりますよ。

利用する側の違法性

現金化業者だけではなく、利用する側にも違法性があります。例えばクレジットカードで購入した商品は、代金を支払うまでの所有権はクレジット会社にあります。

そのため、代金を支払う前に商品を転売してしまうと「横領罪」となることもあります。

また現金化のためにクレジットカードを利用すると、目的が商品購入ではなく、現金を手にする事となってしまいますので、クレジット会社からお金をだまし取る行為となり「詐欺罪」となることもありますよ。

  • 横領罪
  • 詐欺罪

自己破産の免責不許可事由に該当

現金化を行っていると、自己破産をしようと思っても「免責不許可事由」になることがあります。

自己破産では免責許可がおりなければ行うことはできません。その免責が不許可となると、自己破産は認められないのです。

クレジットカードの現金化は、破産法252乗1項2号の「廉価処分」に該当し、ギャンブルや浪費を原因として借金をしたケースと同じように考えられ、債務整理が不利になりますよ。

カード利用規約違反

何度も言いますが、クレジットカードの現金化はカード会社のクレジットカード利用規約でも禁止されています。

換金目的でショッピング枠を利用すると、利用残高の一括返済、クレジットカードの利用停止、もしくは強制解約となってしまいますよ。

  • 利用残高の一括返済
  • クレジットカードの利用停止
  • クレジットカードの強制解約

個人情報の悪用に注意

現金化業者に住所・氏名・クレジットカード番号等の個人情報を伝えることによって、個人情報が漏れたり、悪用されたりする恐れがあります。

しかも現金化業者にクレジットカードを悪用された場合は、利用者の過失となるため、紛失や盗難とは異なりカード会社からの補償はありません。

その上、現金化業者が請求する手数料はヤミ金の金利と同じくらい高額になりますので、クレジットカード会社への支払は残ります。

つまり現金化業者を利用することで、ますます負債が増えてしまい、結局は自分の借金を増やすことになってしまうのです。また個人情報が漏洩したために、犯罪やトラブルに巻き込まれる可能性も出てきますよ。

現金を借りたい!銀行や消費者金融のカードローンが安心

クレジットカードのショッピング枠を現金化すると、犯罪に巻き込まれたり、借金が増えてしまったり危険な目に合うことが分かりましたね。

最後にクレジットカードのショッピング枠の現金化に頼らない方法を紹介していきましょう。

  • 銀行カードローン
  • 消費者金融
  • クレジットカードのキャッシング枠

銀行カードローンを利用

たいていの銀行にはカードローン商品があります。お金を借りたいなら銀行カードローンを利用すると、安心して借入れができますよ。

地方銀行であれば、既に取引のある銀行を選ぶと、申込者の信用もありますのでスムーズに審査が進んだり、金利が優遇されたりするケースもあります。

また消費者金融よりも金利が低いところが多いため、返済総額が少なく済みラクに返済できることもありますよ。

消費者金融

消費者金融では、知名度の高いところを選ぶと安心ですね。知名度の高い所であれば、利用している方も多いため安心して申し込めます。

即日融資に対応しているところも多く、急いでお金が必要な時には消費者金融が便利ですよ。

クレジットカードのキャッシング枠

最初に紹介した通り、クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があり、キャッシング枠を利用してお金を借りるのはOKです。

キャッシング枠を利用する時には申込みが必要になりますので、クレジットカードを作る時にキャッシング枠を設定していなければ新たに申し込む必要がありますよ。

申込んでも借りられない場合

銀行カードローン、大手消費者金融、中小消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠等、お金を借りられる所は多数あります。

けれど、どれも審査があり、審査に通らなければお金を借りることはできません。

中にはどこに申し込んでも審査に通らず、お金を借りられないこともあります。そういう時は、借りないのが正解なのです。ムリして闇金や現金化業者からお金を借りてしまうと、その後が大変になります。

審査に通らないということは、借りる時ではないのです。場合によっては任意整理や自己破産などの債務整理を考える時期なのかもしれませんよ。

トピックス
ページトップへ