お金を借りる方法100選!目的別の賢い借り方
> > カードローンの返済方式や金利計算をきちんとシミュレーションしよう

カードローンの返済方式や金利計算をきちんとシミュレーションしよう

カードローンを利用するなら、少しでもお得に利用したいですよね。

カードローンは住宅ローンなどと比べると金利も高めの為、長く利用すればするほど、返済総額が増えてしまいます。

そのため、実は金利・利息の計算や返済シミュレーションを借り入れ前にきちんと行っておくことはとても重要です。

また、あまり注目されませんが、返済方式も返済総額に大きく影響を与えます。

今回は、返済方式についてや金利・利息の計算について調べてみました。カードローンの申し込みの前に、是非一度返済シミュレーションを行ってみてください。

カードローンの返済方式にはどういったものがあるの?

ローンの返済方式には色々なものがあります。

返済方式が違うと、何がどう変わってくるの?と思われるかもしれませんが、返済方式は結構重要です。

「元金(もともとの借り入れ金額)」と「利息」の返済額を合わせた金額を毎月返済することになりますが、この割合が返済方式によって異なり、その結果返済金額や返済回数に大きな影響を与えることになるのです。

ここではカードローンでの主な返済方式についてご紹介していきましょう。

多くのカードローンでは「リボルビング方式」を採用しています

当然のことながら、一括で返済できる場合は、一括返済をして問題がありません。しかし、カードローンを利用して毎回一括返済というのはなかなか難しいですよね。

そのような場合、毎月の返済をカードローン業者が指定する方法で返済していくことになります。

カードローンの多くが採用している返済方式が「リボルビング方式」です。

  • リボルビング方式とは
  • 一定の範囲内で借り入れ金額にかかわらず、毎月決められた金額以上を返済する方式のこと。

例えば、10万円以下の借り入れなら毎月5000円以上の返済、10万円超~30万円以下の借り入れなら毎月1万円以上の返済…といった具合です。

つまり、10万円以下の借り入れなら1万円借り入れしても毎月5000円の返済ですし、10万円を借入しても5000円の返済となります。

決められた金額以上を返済することになりますので、例えば10万円借り入れして毎月1万円返済するのは全く問題ありません。

リボルビング方式にも更に細かな種類があります!

リボルビング方式の基本は先ほどご紹介した通りにですが、多くのカードローン会社では、ここに「元利定額」や「元金定額」、「残高スライド」などを組み合わせた返済方式を採用しています。

主に取り扱われているリボルビング方式の種類は以下のようなものがあります。

  • 元利定額リボルビング方式
  • 元金定額リボルビング方式
  • 残高スライド元利定額リボルビング方式
  • 残高スライド元金定額リボルビング方式

元利定額というのは、「元金分」と「利息分」をあわせた金額を毎月一定額支払うという方法です。そのため、毎月の返済額の元金分の割合があまり高くないので、返済回数が長くなる傾向があります。

一方「元金均等」というのは「元金分」は毎月一定額同じで「利息分」は借入残高に応じて変わっていきます。「元金分」は毎月一定なので、借入金額は着実に減っていくでしょう。

ここに、「残高スライド」が組み合わさることもあります。

「残高スライド」とは借入残高に応じて返済額が変化する方式で、初め20万借り入れしていたから返済額が毎月1万円だったのが、借入残高が10万円以下になった時点で返済額が5000円に変わるという方式になります。

多くのカードローンでは、残高スライド元利定額リボルビング方式を採用しています。

毎月の返済額が下がると、返済は楽になりますがその分返済回数は長くなりますので、どちらがお得かは計算してみないとわからない部分もあります。

返済方式と共に金利・利息の計算方法もきちんと把握しておこう!

さて、ここまではカードローンで利用される主な返済方式についてご紹介してきましたが、次は、金利の計算方法についてもご紹介しておきましょう。

金利っていったいどんなものなの?

そもそも金利とは一体なんでしょうか?

お金を借りると、返済するときに元金だけではなく、利息も併せて返済することになりますよね。利息は借りているお金に対する借り賃のようなものですが、この利息を計算するときに必要となるのが金利になります。

金利は、「借りたお金に対して何%の利息が必要ですよ」という割合を示しているのです。

日本のカードローンの金利は原則年率で表示されます。

また、実際の金利については、各カードローン業者が決定をしていますが、やみくもに決めているわけではありません。きちんと法律で上限金利について定められており、その範囲内で金利を決定しているのです。

利息制限法では、10万円未満は年20.0%、10万円~100万円未満は年18.0%、100万円以上は年15.0%と上限金利が定められています。

この範囲を超える金利は無効とされ、更に出資法の上限金利である年20.0%を超える場合、業者側は刑事罰の対象となるのです。

具体的に利息を計算してみましょう!

利息の計算方法は単純です。

利息=借入残高(元金)×金利÷365日×借入日数

もちろん、毎月返済をしていくことになりますので、順調に返済している場合、かかってくる利息は減っていくことになります。

また、おなじ返済方式であっても、実は基準日によっても利息の減り方は変わってくるので、次はその点についても見ていきましょう。

残高スライド元利定額リボルビング方式の返済にも2種類あり!

実は「残高スライド元利定額リボルビング方式」と一口に言っても、その基準日が2種類あります。

  • 毎月の締日の借入残高を基準に残高スライドを考える
  • 最後に借り入れした日の借入残高を基準に残高スライドを考える

この2つ何が違うの?とお考えかもしれませんが、実は返済期間や総返済額に大きな影響を与えることになります。

借入時残高スライド方式の方がお得?

通常の残高スライド方式の場合は、毎月の締日での借入残高が基準となって、返済額が決まります。

そのため、毎月きちんと返済していると、残高が減っていくに応じて返済額が下がることになるのです。

例えば、20万円借り入れしていたときに、借入残高が10万円超~30万円までは毎月1万円の返済、10万円以下になると5000円になるという設定の残高スライド方式の場合、返済していくうちに、借入残高が10万円を切った時点で返済額が5000円に変更されます。

返済額が下がると、毎月の負担は減りますよね。しかし、その分返済期間は伸びることになり、その間の利息も払う必要が出てきます。

一方借入時残高スライド方式の場合、最後に借り入れした日の借り入れ残高が基準となりますので、一度借り入れをしてそれ以上借り入れしない場合、返済額の変更は行われません。

つまり、20万円を借入して、毎月1万円を返済するとなった場合は、借入残高が10万円を切ったとしても返済額は毎月1万円のままなのです。

金利が18%で10万円の借入残高を毎月の返済額が1万円の時と5000円の時で考えてみましょう。

毎月の返済額 返済回数 総返済額
1万円 11回 109,158円
5000円 24回 119,772円

こうしてみると、総返済額が1万円も変わってくることが分かります。1万円って大きな金額ですよね。

借入時残高スライド方式の方がお得であると言えます。

しかし、借入時残高スライド方式は新たに借り入れをした時点での残高が基準となりますので、例えば残りの借入残高が1万円の時点で新たに2万円借り入れした場合、借入残高3万円が基準となりますので、先ほどの設定でいくと返済額が5000円に変動します。

カードローンを申し込む前にまずはと返済シミュレーションをしよう!

いかがでしたでしょうか?金利の計算方法や、返済方式の違いで、総返済額が変わることなどご紹介してきました。

ぜひ、あなたがカードローンを申し込もうと思われたのであれば、申し込みの前に返済シミュレーションをしてみてください。

返済シミュレーションは多くのカードローンサイトで行うことが可能!

返済シミュレーションといってもどうやってすればいいの?と思われるかもしれませんが、多くのカードローンサイトでは、実際にそのカードローンの返済方式や金利に則って返済シミュレーションを行うことが出来るようになっています。

返済シミュレーションをしてみると、返済期間や総返済額にびっくりしてしまうこともあるかもしれません。

毎月の返済額ばかりに目を向けていると、損をしてしまうこともありますので、まずはトータルでの返済額などをしっかりと計算して、どのカードローンにするか、借入額はどの程度にするかを検討しましょう。

また、返済については毎月の約定返済とは別に繰り上げ返済なども行うことができます。

早く返済が終わればその分支払う利息も安く済みますので、余裕がある時は大目に返済するなど、早めにカードローンの返済が終わるように努力することも大切です。

トピックス
ページトップへ