お金を借りる方法100選!目的別の賢い借り方
> 【カードローン】基礎知識

初めてカードローンを利用する人のための基礎知識と専門用語を解説!

カードローンのことを全く知らない、あるいは初めて利用するという人は、最初にカードローンがどういったものであるかを知っておく必要があります。

借りた時と返すときに借金はどのくらい変わるのか、どうやって契約を申し込めたいいのか、自分がどのくらいの金額を貸してもらえるのかといった、基本的なことから知っていきましょう。

今までの借金と何が違う?カードローンってどういう借り方?

これまで借り入れというもの自体を一度もしたことが無い人にとっては、借金とひとくくりにされがちなカードローンですが、それが具体的にどういう仕組みなのかを最初に理解しておかなくてはいけません。

カードローンの最大の強みとは、一度契約したら好きなタイミングでお金を借りたり返したりすることが出来るという点にあります。

借り入れと返済が同時進行できるというのは非常に柔軟性があり、一括借り入れが基本だった従来の借金とは根本的に異なる仕組みです。

例えば、これまでの借り入れでは、最初に50万円を借りたいと思ったら、一括で50万円を最初に一度に借りて、その後はひたすら返済しかできませんでした。返済途中でまたお金が必要になっても、新たに借りることは出来ません。別のところから借りようにも、現時点で借金をしているということがマイナスになり、借り入れが困難であるというのが実情でした。

カードローンはこうした問題を解決することに成功したビジネスモデルと言えます。借り入れをしている途中であっても、返済中に追加で借り入れをすることが可能であり、返済額を毎月最低基準を満たせば額を自由に、しかもいつでも返済することが出来ます。

かつての借り入れは、金融業者の店舗まで行く必要がありました。カードローンの借り入れでは、ATMを介して銀金を引き出す形で借り入れが出来るため、コンビニであろうと銀行であろうと場所を問わず借り入れや返済が行えるようになりました。

カードローンの契約はいつまで続くか

かつての借り入れは、借金を全額返済したところで契約が完了し、そこで関係が終わりました。再度借り入れを希望するときは、再び適正な資格を持っているか審査を受ける必要があり、長期間の関係を続けることは不可能でした。

カードローンは、一度契約が完了すると、借り入れを全額返済してもカードローンが使えなくなることはなく、「解約手続き」をしない限り、金融事故を起こさないうちは半永久的にそのカードローンを利用し続けることが出来ます。

これもカードローンを使う大きなメリットの一つです。一度審査に通れば、非常に長い間その金融業者と関係を続けることが出来る上、カードローンの維持費は、借り入れをしていない状態(カードローンのカードを持っているだけ)であれば、1円もかかりません。

必要な時にATMから借り入れが出来るだけでなく、維持費もかからず常時持っていて安心できるというメリットがあるからこそ、ここまでカードローンが普及したのです。

自宅でも可能?カードローンの便利な申し込み方法

借金の審査と言えば、たくさんの書類を用意して、わざわざ店頭まで足を運び、時間をかけて審査をしてようやくお金が借りることが出来るというものだと思っている人も多いのではありませんか。

事実、一昔前までの借金は、こうした手続きが必要不可欠なものでした。その理由は、明確な審査基準が確立されておらず、貸金業者は信頼できる利用者を見定めるのに、膨大な手間と時間を有していたからです。

カードローンはこうした手間を限界まで合理化することに成功しました。何人もの顧客データから、適正な利用者の合格基準を定め、ごく短期間で借り入れに相応しい人物であるかを判断することが出来るようになりました。

それと同時に、利用者の審査で必要な情報が効率化・簡略化され、本来であれば審査に不要であった情報の精査を省略し、短期間で審査を行えるようになりました。

こうした企業努力の結果、店頭まで契約の申し込みに出向く必要が無くなり、インターネットを介して必要な情報を送信することによって審査を行うことが出来るようになりました。加えて、身分証明書などもデータとして送信することによって、利用者は自宅に居ながら、申し込みから審査契約手続きまでを行うことが出来るようになりました。この仕組みのことを「web完結型カードローン」といいます。

この仕組みのおかげて、カードローンを利用する人は格段に数を増し、今では借り入れの主流ともいえる状態になりました。

電話の申し込みも廃れてはいない!高齢者に多い借り入れ手段

インターネットを利用した借り入れを申し込む方法が増えた今でも、店頭で申し込む人や電話で申し込む人はそれほど減ってはいません。

利用者の年齢によって二極化されているともいえるでしょう。簡単に言えば、60才代を基準として、インターネット申し込みと電話申し込みの利用者が分かれているともいえる状態にあります。

高齢者にとって、インターネットを改正て申し込みをするのはハードルが高いのです。特に、身分証明書の送付の際に、画像データを貼付したりすることが出来ない高齢者が多く、面倒なパソコン作業をするぐらいなら電話で申し込んで書類を郵送した方が安心という人は、依然多くいるのです。

カードローン会社は高齢者が借り入れしやすいように、電話対応において、高齢者が契約について間違えたりしないように、分かりやすい丁寧な説明ができる従業員を専門的に雇っています。

意外に思う方もいるかもしれませんが、カードローンの利用者の人口分布では、60歳以上の高齢者の割合は、そのの世代に比べて同じぐらい多いのです。現在の人口ピラミッドでは、高齢者層が多いことも一因としてあるでしょうが、カードローンは若い人ばかり利用しているということはなく、全ての世代に受け入れられていると知っておきましょう。

最も重要な金利を知ろう!カードローンの金利計算とは

カードローンに限らず、借金ではすべてに当てはまりますが、金利の計算は極めて重要です。自分がいくら借りて、最終的に返済にはいくらかかるのかということを知らないで借金するのは、絶対に避けなくてはいけません。

カードローンなど、企業からお金を借りる場合、その金利は複利計算を適用し、この特徴は、元金と同時に、加算された金利に対しても金利の対象となる計算方法です。

金利計算には、単利計算と複利計算の2種類があります。単利計算は、元金に対してのみ金利が加わるもので、借金の増え方は緩やかです。

一方複利計算は、金利によって増えた分にもさらに金利がかかってくるというもので、ほおっておくとあっという間に借金が膨れ上がるという、恐るべき計算方法です。この仕組みを必ず理解しておく必要があります。

雪だるま式とはどういう意味か?複利計算の怖さを知ろう!

よく、借金をした人が「雪だるま式に増えてどうしようもなくなった」ということを言っていることがあります。聞いたことがある人もいるでしょう。

この、「雪だるま式」というのが、まさに複利計算のことを言っているのです。この金利計算方法を詳しく知ることで、カードローンの適切な運用が出来るようになります。

雪だるま式の問題を一言で言えば、返済できないほど増えた借金は、返済額よりも金利の増加分が多くなり、元金を減らせない状態に陥ると、個人での返済が不可能になるということです。

複利計算型の借金をする場合は、元金が最も増えやすい初期の段階で、どれだけ返済をして元金そのものを減らすことが出来るかという点に、これ以降の苦労がかかっているのです。

最初にできるだけ頑張って返済することで、複利計算の金利増加を最小限に抑えることが出来るということを知っておきましょう。そして、もう一つ重要なのが、全く返済しない期間を作ってはいけないという点です。

在籍確認って何?カードローンの特徴的な審査とは

カードローンの審査は、銀行であっても消費者金融であっても、いくつか欠かせないものがあります。一つは身分証明の審査、一つは信用情報機関への照会、そして、在籍確認です。

在籍確認とは、契約者が申込書に記入した勤務先に、本当に勤めているかを確認する審査のことです。勤務先に電話をかけ、契約者が実際に在籍しているかを確認するため、在籍確認と呼ばれています。審査の最終過程であり、これを確認して初めてカードローンを利用できるようになります。

カードローンを利用するというのは、思った以上に厳しい審査をクリアする必要があります。テレビのCMなどを見ていると、いかにも手軽に利用できそうなイメージを持たれがちがカードローンですが、その利便性のため、契約者は高い返済能力が求められます。

貸金業者の中には、在籍確認が不要のカードローンもありますが、そういった業者は金利が非常に高いため、長く利用していくつもりがあるのであれば、在籍確認を行っている貸金業者と契約した方が、結果的には得になるでしょう。

カードローンの申込時、絶対に忘れちゃいけない書類一式を再度確認!

いざカードローンに申し込もう!と思っているとき、必要書類が手元に揃っていなかったら慌ててしまいますよね…! もしものときのために、まずは、必ず用意しなければならない書類、条件に応じて必要となる書類を理解しておきま...

続きを読む

カードローン申込時の在籍確認が家族や会社にバレたくない人必見!

10年前、20年前に比べて消費者金融や銀行からお金を借りること自体のハードルはずいぶんと下がりました。 しかし、カードローンなどを利用しているほとんどの人が、「できれば、周囲にバレたくない」と思っている状況は今も...

続きを読む

カードローンの返済方式や金利計算をきちんとシミュレーションしよう

カードローンを利用するなら、少しでもお得に利用したいですよね。 カードローンは住宅ローンなどと比べると金利も高めの為、長く利用すればするほど、返済総額が増えてしまいます。 そのため、実は金利・利息の計算や返済シ...

続きを読む

カードローンを選ぶときは最低金利よりも最高金利に目を向けよう!

カードローンを利用するとどうしても逃げることが出来ないのが利息ですよね。借りたお金にプラスして、利息分も返済しなくてはいけません。 そのため、できるだけ金利の低い所が良いですよね。 カードローンのサイト...

続きを読む

希望限度額に届かず…カードローンの限度額ってどうやって決まるの?

カードローンのサイトなどを見ていると、利用限度額が最大500万円や1000万円…なんていう数字を見たことがある方も多いのではないでしょうか。 そんなに借りられるなら助かる…と申込みをしてみたいいけれど、いざ結果を...

続きを読む

web完結でカードローンを申し込むときに事前に必要な準備はある?

カードローンを探していると、「web完結」という言葉を目にしたことがある!という方もいらっしゃるのではないでしょうか。 近年、カードローンは多様化しており、その申し込み方法も様々です。 そんな中で「web完結」...

続きを読む

教えてほしい!カードローンの申し込みにはどういった方法があるの?

カードローンを利用したい!と思っていても、なかなか一歩が出ない方も多いのではないでしょうか。 中には、カードローンの申し込みに店舗を訪ねているところを他の人に見られてしまったらどうしよう…と不安に思っている方もい...

続きを読む

バランスが最も優れた借り入れ方法!銀行カードローンとは?

お金を借りたいときに「どこから」「いくら」「どのくらいの期間」といった観点で選ぶのが普通ですが、現代の日本は借り入れ出来る候補が多く、初めて借り入れをするときにどこで借りればいいのか迷ってしまいます。 今回は、借...

続きを読む
トピックス
ページトップへ